「津波の心配ない」と英文誤表示=県の外国人向けサイト−宮城(時事通信)

 宮城県の外国人向けウェブサイトで、津波への注意を呼び掛ける英文に誤りがあり、約5時間にわたり、「津波の恐れはない」と表示された。システム管理会社の入力ミスが原因という。
 県によると、同サイトは災害時に日本語、英語など5カ国語で情報を提供している。県から業務を委託された管理会社が28日午後0時45分ごろ、各言語で「津波に気を付けてください」という文章を掲載したが、英文だけ「津波は来ません」という表現になっていた。午後6時までに訂正されたという。 

高校無償化審議入り、「公私格差」が焦点に(読売新聞)
<掘り出しニュース>興福寺“ナマ阿修羅”見られます 国宝館、改装終了(毎日新聞)
満潮、大潮で一層の警戒を=気象庁(時事通信)
<石井一参院議員>郵便不正事件での口添えを否定(毎日新聞)
NPOへ寄付、税額控除式に=首相が検討指示(時事通信)
[PR]
by tnnuexzez5 | 2010-03-04 15:45