事後納付を10年に延長=国民年金法改正案を閣議決定(時事通信)

 政府は5日、国民年金の未納保険料をさかのぼって払うことができる事後納付の期間を、現行の過去2年から10年に延長する国民年金法改正案を閣議決定した。
 国民年金の受給資格を得るには25年以上の加入期間が必要。しかし、不況や年金不信などの影響で保険料未納が増えており、将来、無年金・低年金者の増加も見込まれる。一方で、年数を経てから未納に気付くなどして、事後納付を希望する人も少なくない。
 厚生労働省は、改正案が成立すれば、65歳未満の無年金見込み者のうち最大40万人が救済され、年金額が増える人は1600万人に達すると推計している。 

【関連ニュース】
最大40万人の無年金救済も=後納期間延長で
「カラ期間」、広報さらに徹底=年金回復者と面会
個人型401k、増額の動き=税優遇による上限額引き上げで
年金納付率80%目標を下方修正=「09年度比上昇を」
10年度の年金額は据え置き=厚労省

<足利事件>弁護団、菅家さん在廷の撮影許可求める(毎日新聞)
ミニ模型、ストラップ…尼崎市バスのグッズが密かな流行(産経新聞)
「首相を信じる」=普天間県内移設に反対強調−福島消費者相(時事通信)
<小野竹喬展>東京国立近代美術館で2日に開幕(毎日新聞)
吉川英治文学賞に重松清氏(時事通信)
[PR]
by tnnuexzez5 | 2010-03-08 02:36