舛添氏「金のかかる政治と決別」 政治とカネ問題に苦言(産経新聞)

 【舛添新党会見詳報】(3)

 舛添氏「まず第1、政治とカネの問題であります。お金のかかる政治と決別して、清潔な政治を目指します。政官業の癒着といわれていたら、今度、民主党政権を見れば、労働組合、北海道教組(北海道教職員組合)の問題にあるように、そこまで癒着になっている。その原因は何か。企業・団体献金であります。

 団体の中に当然労働組合も入ります。これを全面的に禁止いたします。そしてお金のかからない選挙をやるべきであると思っております。私自身ずっとそういう選挙をやってきました。あのビールケースの上に乗って演説する元祖は私でございます。お金かかりません。300円出せば酒屋から買ってこれます。そういうお金のかからない選挙のモデルを今回構築したいと思います。ボランティアの方々に支えていただく。国民みんなに支えていただく。そうしないとですね、お金がなければ政治に出れない。

 ここにおられる報道陣のみなさんも普通のサラリーマンのみなさんも、これ、なんとかして政治を変えたい。自分、政治に参入したいよというときに、お金の問題でできなきゃ金持ちしかできません。そのときに手作り選挙でいいじゃないですか。

 国民みんなで力を合わせて支えれば、お金かかりませんよ。そんなに。そして政党助成金もみなさんの浄財であるわけですから、そういう選挙のモデルというのをぜひ確立して、本当に日本を変えたいという若者がたとえ貧しくてもこの選挙に参加できる。それがわれわれの理想とするところであります。

 普通の人が普通に生活をして、容易に政治の世界に参入できる。そういう社会を目指したいと思っております。それが最大の眼目。だからわれわれは立ち上がった。もういつまでも政治、金にまつわる腐敗。これにストップをしなければ日本は変わりません」

 「第2はやはり、官庁や役人の無駄をきっぱりと廃さなければなりません。効率化を図らないといけない。これは私は大臣やってて、よく感じました。そして、まず隗より始めよ。国会議員の定数を削減いたします。目標を半分にしたい。まず私たちも無駄を省きたいと思っております」

 「3番目、これは官僚主導体制、自民党の悪いところでした。政治家じゃなくて官僚の掌の上で踊っている。そして、こういう状況を改めて、それから族議員。族議員が国民のためじゃなくて一部の業界、一部の人のための政治を推進する。だから選挙に負けて政権交代になったんです。

 そういう族議員の影響力を排除するとともに、政治主導を確立する。そして私の厚生労働大臣経験からしましても、大臣を支える機構をしっかりする。大臣が強力なリーダーシップを発揮する。そうすると役人はついてきますよ。厚生労働省だけで5万4000人の優秀な役人がいる。

 大臣がしっかりかじ取りしてリーダーシップを働かせれば、C型肝炎の問題も、原爆症の問題も、きょう、ハンセンの本当にご苦労なさった方もお見えになっていますけど、みんなの力でこれが解決することができました。ただ役人が悪いんじゃなくて、政治家のリーダーシップで役人を十全に使いこなして国民のためのすばらしい政治を行いたいと思っております」

【関連記事】
詳報(1)矢野氏「舛添代表を頂点に、元気な日本を取り戻す」
舛添氏に自民、厳格処分方針 参院選へ警戒見え隠れ
舛添2ショットポスター慌てて回収 参院選の自民予定候補
共産・志位氏、舛添氏をバッサリ「離党は逃避」
「自民党のエースが夜逃げ」 民主・山岡国対委員長、舛添氏離党に

石原都知事 新党の発起人に 手詰まりの都政に嫌気?(毎日新聞)
ベランダの手すりはずれ、生徒2人落下 茨城の県立高(産経新聞)
<全国学力テスト>4回目開始 今回から3割の抽出方式に(毎日新聞)
需要予測の統一モデル構築へ=調査手法見直しで検討委−国交省(時事通信)
「話した記憶ない」 村木被告、偽造指示を否定 郵便不正公判(産経新聞)
[PR]
by tnnuexzez5 | 2010-04-24 07:30