国公立大倍率、4.4倍=不景気で5年ぶり高水準−文科省(時事通信)

 文部科学省は3日、同日締め切られた国公立大入試2次試験の出願状況を発表した。同日午前10時までの志願者数は44万4466人。募集人員に対する倍率は4.4倍(前年4.3倍)で、この時点では5年ぶりの高水準となった。
 内訳は国立82校が32万8814人で4.1倍(同4.0倍)、公立73校が11万5652人で6.0倍(同5.5倍)。不景気を反映し、学費が安い国公立大の人気が高まったとみられる。
 学部別で最も高いのは、国立は前期日程が東京芸大美術の12.9倍、後期が岐阜大医の45.7倍。公立は前期が北九州市立大地域創生学群の16.5倍、後期が岩手県立大ソフトウェア情報の59.0倍、中期が岡山県立大情報工の25.6倍だった。 

【関連ニュース】
高校無償化に4624億円=8.98%増の5.7兆円

コンビニ強盗目撃者、逃走経路を携帯で「実況」(読売新聞)
首相が会見でまた“勇み足”…メキシコ大統領会談(読売新聞)
当意即妙…首相演説に野党議員ヤジ連発(産経新聞)
95億円!「歩く男」最高額で落札(読売新聞)
<公選法違反>武山百合子元議員に有罪判決…さいたま地裁(毎日新聞)
[PR]
by tnnuexzez5 | 2010-02-06 04:30