<   2010年 01月 ( 21 )   > この月の画像一覧

 自民党の谷垣総裁は28日の記者会見で、「社会保障の歳出増圧力には消費税(率引き上げ)を入れないと解決できない。先の展望を示せなければ選挙も戦えない」と述べ、今年夏の参院選の同党公約に消費税率引き上げを盛り込むことに意欲を示した。

 谷垣氏は27日の講演でも、10%超の消費税率が必要だとの考えを示した。

真冬の神戸港、飛び込み救助…巡査長お手柄(読売新聞)
看護師の業務範囲拡大の要件で議論(医療介護CBニュース)
「認識」証明なら議員辞職=母親からの資金提供−鳩山首相(時事通信)
屋外ヌード撮影で篠山紀信さんとモデルら書類送検へ(産経新聞)
2次補正、午後に成立=参院委で可決(時事通信)
[PR]
by tnnuexzez5 | 2010-01-30 13:46
 財務省が27日発表した2009年の貿易統計速報(通関ベース)によると、輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支の黒字は、前年比36.1%増の2兆8078億円となり、2年ぶりに前年水準を上回った。輸出額は33.1%減、輸入額は34.9%減だった。
 同時に発表した09年12月の貿易収支は5453億円の黒字で、金融危機の影響で3222億円の赤字に陥った前年同月から黒字転換した。 

【関連ニュース】
【特集】激震 ドバイ・ショック
09年の生産、国内大幅減=アジアは堅調
空売り規制、4月末まで延長=金融庁
アコム、1年7カ月ぶり社債発行=250億円、消費者金融大手で金融危機後初
「出口戦略」の備え重要=早過ぎると二番底の危険-IMF専務理事

<木曽川導水路>名古屋市、負担金支払いへ 建設費用含まず(毎日新聞)
山スキーで遭難の2人救助 滋賀・土蔵岳(産経新聞)
首相動静(1月25日)(時事通信)
日体大生の汗染みこんだ服に興味 窃盗容疑で男追送検(産経新聞)
<新型インフル>輸入ワクチン、購入希望は1県…初回出荷分(毎日新聞)
[PR]
by tnnuexzez5 | 2010-01-29 01:18
 21日午後11時25分ごろ、兵庫県明石市魚住町清水の国道2号で、明石署地域2課の男性警部補(44)運転のパトカーが、蛇行運転する乗用車を発見。パトカーが停止を求めたところ、乗用車が逃走したため追跡を開始した。

 約5分後、現場から約3キロ離れた同県播磨町南大中の国道250号交差点で、乗用車が赤信号を無視して交差点を通過したため、パトカーも一時停止後に交差点内に徐行して進入したところ、右から来た専門学校生の男性(19)が運転する別の乗用車と衝突した。男性や警部補にけがはなかった。

【関連記事】
パトカーとバイク衝突、60歳男性けが 京都
パトカーに追われ逆送しトラックと衝突、男女2人重傷 栃木
パトカー追跡中に車が石垣衝突、京都の男性重体 三重
パトカー追跡中に車が電柱衝突、男性3人重傷 熊本
交差点でパトカー同士衝突 犯人も取り逃がす

“美人すぎる”藤川市議が自民党大会で登壇(産経新聞)
地域差考慮した医療改革のデザインを―産科婦人科学会(医療介護CBニュース)
<綾部市長選>前市理事の山崎善也氏が初当選(毎日新聞)
小沢氏聴取 自民、一気に攻勢 「理解不能」(産経新聞)
市長が計画中止を正式申し入れ…どうなる、堺のチンチン電車(産経新聞)
[PR]
by tnnuexzez5 | 2010-01-27 19:27
 愛媛「正論」懇話会の第20回講演会が21日、松山市の松山全日空ホテルで開かれ、評論家で麗澤大学教授の松本健一氏が「日本の青春『坂の上の雲』の時代」をテーマに講演した。

 松本氏はNHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」で脚本の諮問委員をしている。原作を執筆した司馬遼太郎氏が松山出身の秋山好古、真之兄弟、正岡子規の主人公3人を「リアリズム精神の持ち主だったが、特別に天才的な人物でなかった」ととらえたことを踏まえ、日露戦争当時を「国民国家としての日本の青春時代」と位置づけた。

 司馬氏が乃木希典大将ら国民的人気の高い指揮官を英雄視せずに論じた点については「伝説や美学ではなく、平均的な日本人に焦点をあてることに小説の意味があり、国民一人一人が青春の歯車を回したことが最大のテーマだった」と語った。

小沢幹事長 23日に任意聴取…終了後「国民向け」声明へ(毎日新聞)
「オーシャンズ11を思い浮かべて」 警視庁、駐輪場荒らしの少年窃盗団摘発(産経新聞)
障害者向け小規模多機能の生活介護を全国展開へ(医療介護CBニュース)
<原研機構>下請けの所得隠しで改善策を発表(毎日新聞)
<火災>住宅2棟全焼 焼け跡から2遺体発見 横浜市瀬谷区(毎日新聞)
[PR]
by tnnuexzez5 | 2010-01-26 05:23
SIM-Drive(シムドライブ)先行開発車事業第1号の記者発表会で、清水浩社長は「地域活性化」という言葉を時折はさみながらプロジェクトを説明した。

[先行開発車のイメージ]

自動車完成車メーカー、電池関連メーカー、自動車部品関連メーカー、精密機器メーカー、重工業、商社など、今回34の企業・団体が参加しているが、その中には自治体も含まれている。岡山県と鳥取県だ。

この2つの自治体の参加理由について同社は「地場産業育成の観点から」と説明している。岡山・鳥取ともにさらに具体的な参画内容を関係者が語った。

岡山県は「県の主要産業のひとつに自動車関連産業がある。今回は、次世代電気自動車への移行期に我々自治体と県の関連企業などがどう対応できるか、また新たに他の業種からの参画がどこまでできるかという可能性を探ろうという狙いで参加した。地場産業を支援していく県としても、電気自動車の最新のノウハウを習得しておくべきとも考えている」と。

鳥取県は「県内に自動車部品の中小企業が50 - 60社あり、このプロジェクトへの参加を県が募ったところ、11社が手を挙げた。こうした企業の意向を県がまとめて、鳥取県というチームで参画することを決めた。11社から集めた負担金と県の一部補助金を合わせて同プロジェクトへの参加費用を納めた。こういうチャンスを活かしてチャレンジしていこうと、今は意気込んでいる」と話す。

経済産業省中国経済産業局がまとめた資料には、広島県にあるマツダ関連と岡山県にある三菱自動車水島製作所関連の2つを柱とした自動車関連産業のネットワークを、さらに付加価値の高いものにするという目標が掲げられている。中国地方の関連産業どうしの連携体制を強化しながらも、各自治体は地場産業の今後の生き残り策として、こうした先行開発車事業などに積極的に参画し、地元企業などとの技術共有、ノウハウのフィードバックに取り組もうとする姿勢がうかがえる。

《レスポンス 大野雅人》

【関連記事】
【カーエレ10】浜松100%のEVを目指す…Takayanagi
iPhoneと災害---平成21年度千代田区帰宅困難者訓練より
NTTデータ、EVインフラ実証実験に参加…課金方法など検証
SIM-Drive シムドライブ 特別編集
電気自動車 EV、PHV 特別編集

得点調整行わず=センター試験(時事通信)
生徒に体罰、中学教諭を書類送検=平手打ち、廊下に引き倒す−福岡県警(時事通信)
<交通事故>大学生はねられ死亡 横浜(毎日新聞)
元副市長らを背任容疑で告訴=不用な土地購入、虚偽文書も−岡山県赤磐市(時事通信)
タレントのミッキー安川さん死去(時事通信)
[PR]
by tnnuexzez5 | 2010-01-25 10:46
 □秘書接待漬けと“実弾”攻勢

 「自民党衆院議員の○○は業者と癒着している! 建設利権だ! 汚職だ!」

 平成15年、民主党幹事長、小沢一郎(67)の地元、岩手県奥州市で基礎工事が始まった胆沢(いさわ)ダム周辺で、こうがなり立てていたのは右翼の街宣車だった。

 右翼に街宣行動を依頼したのは重機土木大手「水谷建設」(三重県)の関係者だったという。水谷の別の関係者はその理由について「東北地方選出の自民党議員が、水谷と対立する業者を推していて、胆沢ダム工事の受注を目指していた水谷の邪魔になったからだ」と証言する。

 胆沢ダムとは、岩石や土砂を積み上げて造る国内最大級のロックフィルダムだ。発注者は国土交通省東北地方整備局で、総事業費は2440億円にも上る屈指の大型公共工事である。

 土木建設業界では有名な胆沢ダムも世間一般には知名度が低かったが、昨年3月に小沢の公設第1秘書、大久保隆規(48)=公判中=が逮捕、起訴された準大手ゼネコン「西松建設」(東京都)をめぐる違法献金事件で一躍注目を集めた。

 西松を含む多数のゼネコンの営業担当者が、東京地検特捜部に対し、小沢事務所が岩手・秋田両県を中心とした東北地方の公共工事に強い影響力を持っていたと証言。胆沢ダム工事でもゼネコン間の談合で受注業者が決められ、小沢事務所が受注に了解を与える「天の声」を出していた疑いが浮かんだからだ。

 冒頭の街宣攻撃は工事受注のためには「なりふり構わぬ」水谷の営業スタイルの一例にすぎない。水谷関係者は「水谷の手口は議員秘書を接待漬けにして実弾(裏金)攻撃することだ」と明かす。

 ■「イタリア旅行」

 「今日は大久保さんと一緒だから、○○ちゃんと生バンドの確保頼むよ」

 街宣攻撃と同じ15年、水谷の当時の幹部は東京・向島の高級料亭のコンパニオンに頻繁に連絡を入れていた。

 料亭関係者によると、「○○ちゃん」とは、大久保がお気に入りだった「半玉(はんぎょく)」と呼ばれる芸者見習いの若い女性。大久保はいつもこの女性の手を握り、女性が灰皿を交換しようとすると「○○殿はそんなことしなくていいんだよ」と語りかけていたという。

 生バンドの演奏が始まると、大久保と女性はチークダンスを踊った。女性は大久保のことを「おーさん」と呼び、周囲に「おーさんにイタリア旅行に誘われた。おーさんの言うイタリアは岩手県のことだけどね」と話していたという。

 1回の代金は30万円程度という水谷の料亭接待は10回以上に及び、大久保の部下だった民主党衆院議員の石川知裕(36)が同席することもあったという。

 ■風俗店と小遣い

 ゼネコン関係者によると、下請けが大型公共工事を受注しようとする際の営業活動は元請けのゼネコンに対してで、水谷もゼネコンへの営業を済ませ、胆沢ダム工事を受注できると見込んでいたという。

 しかし、談合を仕切っていた大手ゼネコン「鹿島」の東北支店元幹部から「小沢事務所に『違う業者にしろ』といわれるかもしれない。あいさつに行った方がいい」と言われ、小沢事務所を訪れたところ、大久保に「来るのが遅い」と言われたのだという。

 実は水谷と小沢事務所は以前から接点があり、水谷元会長の水谷功(64)が、古くから小沢の「金庫番」だった元秘書と知り合いで、胆沢ダムの受注を依頼していたとされる。ところが、12年に元秘書から大久保に引き継がれたため、小沢事務所とのパイプが途絶えていたのだった。

 「工事落札の時期に1億円持ってくるように」

 関係者によれば、功や元幹部らは特捜部の任意聴取に次のように供述した。

 接待を重ねるうち、当時の水谷幹部は大久保からこう言われ、16年10月に東京都内のホテルで石川に5千万円、17年4月にも大久保に5千万円を渡した−。

 特捜部は、この裏献金が陸山会の政治資金収支報告書に記載されていない土地代金の原資4億円の一部になった疑いがあるとみているのだ。

 「天の声」を期待した接待漬けと“実弾”攻撃。石川は小沢支援者である都内の水産業者からも風俗店での接待を受け、毎回10万円の小遣いをもらっていたという。関係者によると、水産業者は「取引会社を紹介してほしい思惑があったが、石川には見事にたかられた」と話しているという。

 元国会議員秘書は話す。「議員の威光で秘書が特定業者から派手に接待を受けるのは、目立つから絶対やってはいけないこと。大久保も石川も脇が甘すぎた」(敬称略)

<自民党>外国人の選挙権は反対方針(毎日新聞)
道具ケア 化粧映え左右 (産経新聞)
法相、「捜査は公平公正」=小沢氏団体事件で閣僚発言(時事通信)
小沢幹事長、党大会で検察批判「納得できない」 (産経新聞)
「明美ちゃん基金」に寄付金30万円 住田美容専門学校(産経新聞)
[PR]
by tnnuexzez5 | 2010-01-23 16:31
 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる事件で、小沢氏側が東京地検特捜部に対し、任意の事情聴取に応じる意向を伝えたことが19日、関係者の話で分かった。弁護士を通じて同日回答し、日程調整に入った。早ければ今週後半にも、聴取が行われる公算が大きくなった。
 事情聴取で特捜部は、陸山会の土地購入に充てられた4億円の原資や、政治資金収支報告書への虚偽記載の認識などについて、小沢氏に説明を求めるとみられる。
 一方、特捜部は同日までに、小沢氏の妻に事情聴取を要請したもようだ。
 関係者によると、特捜部は小沢氏側に対し、少なくとも4時間の事情聴取時間を確保するよう要請した。同氏側は聴取を受けるのは1回に限り、再聴取要請には応じない方針という。妻の聴取については、同氏の聴取後に応じるかどうかを検討するが、現状では消極姿勢とみられる。
 小沢氏は18日に弁護士らと協議した結果、聴取に応じる方針を固めていた。
 小沢氏側は、聴取への対応策の検討に、少なくとも数日間の準備期間が必要としている。このため、今週後半以降に行われる方向で日程調整が進められているもようだ。
 小沢氏は16日の党大会で、4億円の原資について、「口座に積み立ててきた個人の資金」と説明。特捜部がこの口座を調べたところ、土地購入の約6年前の1998年ごろ、約3億円が引き出されていたことが判明している。
 特捜部は、小沢氏がなぜ3億円を6年間も現金で保管していたのか、差額の1億円はどう調達したのかなどについて、詳しい事情を聴くとみられる。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

<名古屋市>住基ネット離脱へ 河村市長、総務相に伝達(毎日新聞)
自民・大島氏、首相と小沢氏の説明要求=「自浄能力問われる」−代表質問始まる(時事通信)
女性が自宅で血を流し死亡、次男が発見(読売新聞)
鳩山首相は無言 恒例の「初釜」キャンセル(産経新聞)
障害者向け小規模多機能の生活介護を全国展開へ(医療介護CBニュース)
[PR]
by tnnuexzez5 | 2010-01-22 23:17
 東京都は18日、杉並区の幼稚園でノロウィルスによる食中毒患者が154人出たと発表した。

 都によると、食中毒は同幼稚園で9日に催されたもちつき大会が原因で、患者は園児とその保護者など。入院者は1人で、すでに退院しているという。

【関連記事】
「びっくりドンキー」で食中毒、4人入院
高校の食堂で女子高生13人食中毒 さいたま
ノロウイルスで66人食中毒 栃木県
横浜のインターコンチで食中毒、ノロウイルス検出 52人が吐き気
給食食べた園児ら112人下痢、おう吐 神奈川

<大雪>新潟県内で1日に100センチ(毎日新聞)
「40人学級」見直し 少人数教育へ上限下げ 30年ぶり(産経新聞)
自民・青木氏が5選目指し出馬正式表明「議席守り抜く」(産経新聞)
ケータイ小説大賞 中学校で表彰式と受賞記念イベント(毎日新聞)
「国民の理解得る」小沢幹事長、民主幹部に(読売新聞)
[PR]
by tnnuexzez5 | 2010-01-22 01:53
 大阪府と大阪市の再編構想を唱えている橋下徹知事は16日、来春の統一地方選に向け、構想に賛同する候補者の公募を4月にも始める意向を明らかにした。新たな政治グループ結成も視野に入れており、賛同者を全面支援する考えだ。

 橋下知事はこの日、府が購入する同市の第3セクタービル・大阪ワールドトレードセンタービルディング(WTC)で後援会のパーティーを開き、支持者ら約400人が出席した。橋下知事は「大阪市と大阪府を一回解体し、強い大阪をつくる。統一地方選で一世一代の大勝負に出る」と述べた。

 パーティー後、報道陣に対し、「同志を募るには公募しかない」と話した。候補者の所属政党にとらわれず、現職、新人に幅広く賛同を呼びかけるという。

顧客離れ 増す不安 日航関連会社 九州に10社超 社員の意欲低下も懸念(西日本新聞)
<大茶盛>初釜に歓声 奈良・西大寺(毎日新聞)
大仁田氏、小沢問題に便乗失敗 嘆願書持参も門前払い(スポーツ報知)
小沢幹事長 首相と会談 党大会出席「本会議で話す」(毎日新聞)
<地震>北海道大樹町などで震度3=午前3時46分(毎日新聞)
[PR]
by tnnuexzez5 | 2010-01-21 09:31
 偽一万円札で買い物をしたとして、大阪府警寝屋川署は18日、偽造通貨行使の疑いで、同府寝屋川市に住む15歳の男子中学生2人を現行犯逮捕した。1人が「自宅のカラーコピー機で偽造した」と供述しており、同署は通貨偽造容疑でも調べる。

 逮捕容疑は18日午前8時40分ごろ、寝屋川市太秦桜が丘の商店で、サンドイッチ1点の代金198円を支払う際、偽造一万円札を使おうとしたとしている。

 同署によると、偽札は表と裏をコピーし、張り合わせて作られていた。2人は17日朝にも同じ店で偽一万円札を使用し、女性経営者が同署に被害届を提出。18日は2人を店に引き留めて通報したという。

【関連記事】
精巧な偽中国100元、国内で発見 記番号以外は「本物」
通貨偽造容疑で2人再逮捕
札幌市内のコンビニで偽千円札と偽一万円札発見相次ぐ
偽一万円札使用容疑で男を逮捕 4府県警捜査
ニセ一万円札使用の28歳男を逮捕 警視庁

最高裁 「公平、誠実に職責果たす」…白木判事が抱負(毎日新聞)
小沢幹事長 首相と会談 党大会出席「本会議で話す」(毎日新聞)
<子ども手当>年3回分割支給、市町村に申請必要 法案概要(毎日新聞)
課税停止、160円程度で調整=ガソリン税の特別税率−政府税調(時事通信)
小沢氏聴取焦点に…資金移動、合理的理由示せるか(読売新聞)
[PR]
by tnnuexzez5 | 2010-01-20 11:27